So-net無料ブログ作成
検索選択
熱中症予防特集! ブログトップ

熱中飴 [熱中症予防特集!]

生まれて初めて、

夏ばてを体験しました。



え?  2回目?


あ、4回目ね。




いやぁ。
ばてました。


軽く熱が出て、食欲が無くて、やる気が出なくて。


まだ完全復活ではないのですが、
頑張ってます。


このブログでも熱中症特集はやってますが、
知識と、実践ってなかなか連携取れないもんですね。

うちの会社では、
社員が外の現場に行くことが多いので、
熱中症対策は万全にしているつもりです。

そもそも熱中症は、
体中の水分「汗」が、体の外に出て行くから、、、なんですが、

その水分の中には、「塩」が含まれています。

そう、体の中の「塩」が外に出て行くから、
しんどくなるのです。

脂肪が出て行けばいいのにね[ちっ(怒った顔)]


その失った塩を補給するためには
その名の通り、お塩をなめればいいんだけど、


しょっぱいんじゃ、こら[ちっ(怒った顔)]


でも、世の中はやさしい

便利なモノがあるのです。


そう、スポーツドリンク!!


CMでもやってますね。
失った水分(塩分)とエネルギーである糖分を
バランス良く補給してくれます。

飲みやすいように作られてるしね♪

ポカリスエットや、アクエリアスが有名です

他のメーカー各社も出してるんでお好みのモノを飲んで
夏を乗り切ろう!!!!



そうそう、
世の中にはこんなのもあります。

「熱中飴」(井関食品)

というアメ。

熱中症対策で作られた「アメ」なんだけど
塩分が多めに入ってるモノなのだ。



今はすごく売れてるらしく、
売り切れ続出してます。

景気がいいですね~♪

拡大すると、
GEDC0164.JPG


今年から「梅味」が販売されています。


名付けて 「熱中飴 2」!!!!



ネーミング安易!

GEDC0165.JPG





せっかくの販売を記念して

スプーンに乗せておもてなししました♪

GEDC0166.jpg
タグ:熱中症

熱中症の予防には!? [熱中症予防特集!]

熱中症は5月から10月まで
比較的長い期間で発症します。

体力的に弱い人だけでなく、
強い人や、我慢強い人などが意外に発症してしまうのですよ。

また暑い日中のときだけ水分を飲むのではなく、
普段から適量を
定期的に補給することが大事。

最近は熱中飴(あめ)という
熱中症対策用の便利な物も発売されてますが、
舐めすぎは塩分とりすぎで逆に危険!

何事にも適度が良いのですね。
タグ:熱中症
ナイッス!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

これはいいぞ!熱中症対策! [熱中症予防特集!]

こんばんわ。

この前仕事で、一日中外に立つことになって、

「世間は暑いのね・・・」

と再度実感した訳ですが、ここでとっておきの熱中症対策を紹介しましょう。

知っている人は知っていて当たり前のことなんですが、

それは、ズバリ!

濡れタオルを首に巻くっ!

コレッ!イイッ!

 

ペットボトルに水道水を入れ、こまめに染みこませれば

一日中濡れタオル仕様を体感できます。

首は血管がたくさん通っており、それを濡れタオルで冷やすことで

体中の体温が下がります。

当然!脳内の体温も下がるので、しんどくならない!

いいですよ~。

この日、今シーズン最高気温を記録したそうですが、

冗談かと思いましたもん。ホンマ。

 

あ、それでも水分は摂ること!

炭酸系は余計喉が渇くから、スポーツドリンクか、お茶か。


熱中症を防止するには?豆知識 [熱中症予防特集!]

駐車監視員を含め、
外で仕事をしている人はみんなに関係ある
「熱中症」について覚えておきましょう。

人間というものは、常に汗をかく生き物です。

ふつうの生活をしているとき、寝ているとき

そして運動しているとき!

運動時は大量の汗をかきますよね?

 

汗は血液中の水分が外に出たモノです。

出て行く一方では体の調子が悪くなっていきます。

この悪くなった状態を”脱水”と言います。

この”脱水”の症状は危険な症状を起こす原因となります。

その危険な症状を”熱中症”と言います。

 

当然熱中症を防ぐには水分補給をしなければなりません。

じゃ、水を飲めばいーじゃないか。

そう、そのとーり。でもそれだけじゃ足りないんです。

水だけだと吸収スピードが遅く、脱水症状からはなかなか回復できないのですよ。

 

皆さん汗をなめたことありますか?

しょっぱいですよね?そーです、塩分を含んでいるんです。

多量の汗が出たときは、体内の水分だけじゃなく塩分も排出してしまっているのです。

 

じゃ、水を飲み、塩をなめればいいの?

 

それじゃ、おいしくないだろう?セニョリータ。

 

しかも塩を単体でなめたら余計のどが渇きます。

いま、世の中は進んでいます。

水分、塩分、そしてこれだけじゃ補給しにくいので、糖類(エネルギー補給)を混合させた

 

「スポーツドリンク!」

 

出たっ!!

 

が、便利で効果的です。

ポカリスエット、アクエリアス、ゲータレード(?)なんかそんな感じのやつ。

今はいろいろ出てますね?

 

これを効果的に飲む必要があります。

 

日頃から水分をやや多めにとることもポイントです。(=暑さに強くなる)

仕事中は20分毎に200ml前後の量を飲んでみてください。

コーヒーやお酒は脱水効果があることに注意!

また、日本の水は軟水(なんすい)がほとんどで、日本人は軟水で育っています。

逆にヨーロッパ等の硬水(こうすい)は体に合わない場合があります。

好きずきでもありますが、特に運動等されるかたは注意が必要ですよん

 

仕事中、運動中に少しでも気分が悪くなったらすぐ休んでください。

仕事を途中で抜けて休憩するより、仕事中 従業員が倒れる方がすべてにおいて痛いのです。

遠慮することはありませんよ!


熱中症予防特集! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。