So-net無料ブログ作成

桁区切り [おとうちゃんの穴あき知恵袋]

昔から気になることですが・・・。

千の位から発生する”桁区切り”。
5,000円の  , ←このこと。

経理上はもちろん、数字を区切る上でなにかと出てくるこの桁区切り。
社会に出ると、
この区切り方で慣れてしまって特に意識することはないのですが、

日本読みなら1万の位で区切った方が便利だと思いませんか?
10万円なら 10,0000円
100万円なら 100,0000円
一千万円なら 1000,0000円
523億円なら 523,0000,0000円

千の位で区切ると 52,300,000,000円・・・・・読みづらい
どう考えても”一万切り”の方が遙かに見やすい!

何で千の位で区切ってしまうのでしょう?
それは欧米の考え方が入っているからです。

欧米の数字の読み方は
1=ワン
10=テン
100=ワン ハンドレッド(=ひゃく の事)
これから区切りが入ると・・・・。
1,000=ワン           サウザンド  (1と千)
10,000=テン          サウザンド  (十と千)
100,000=ワン ハンドレッド サウザンド  (百と千)

以降区切りが増えていっても、頭のワン、テン、ワンハンドレッドが変わらず、
千、とか万の様な桁の読み方が変わっていくだけなのです。
つまり、千の位の区切り”,”を目安に数字を読むわけです。

しかし、何故か日本は万単位で、万、億、兆、京(けい)・・・・・という読み方が
あるにも関わらず欧米の真似をして千で区切っている・・・・。

外交対策で円とドルのやりとり等あるかもしれないけど、
何もかも欧米に右へ習えをせんでも良かったんじゃないかなぁ?


ナイッス!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。